Our Global Locations: Taiwan Thailand China India
Chinese   |   English
会社案内
「2002年2月、「東立物流株式会社」は台北港自由貿易区域にて創立しました。所有総面積は約18ヘクタールとなっております。2005年に予定されていた政府の自由貿易港区域の「境内関外」政策と合わせて、2004年9月の段階で正式に「自由貿易港区域事業」として認証され、台湾では初となる自由貿易港区域ライセンスを取得しました。登録資本はNTD5.2億元になります。(外資の日本郵船NYK LINE 10%を含む)

当社の主な営業項目は完成車物流の関連業務となっております。自動車および部品の輸出入、梱包を一貫化したサービス提供をしており、またお客様の物流課題を共に解決するサービスも提供しております。現在、自動車整備物流では20社の自動車メーカーと輸入商を提携しており、毎年約7万台の輸入車と10万台の輸出車を誇っております。輸出国は中東、日本、オーストラリア等。取り扱っているブランドと致しましてはTOYOTA、FORD、AUDI、INFINITI、NISSAN、LEXUS、VOLVO、MAZDA、SUZUKI、MITSUBISHI MOTORS、HYUNDAI、SUBARU、HONDA、ISUZU、HINO。等があります また120台キャリアカーを所有している「山立通運株式会社」と提携し、台湾では70%以上車両輸送のサービスのシェアを誇り、一貫化の総合物流サービスを提供しております。その他の業務と致しましては車の輸出入通関手続き、車載作業、車両ウェアハウス保管、新車整備、部品の取り付け、車両ライセンス認証等のサービスを提供しております。車部品物流においては、お客様にカスタマイズの設計から生産、梱包、バンニング・デバンニング、部品保管、輸送、通関相関サービス、及び、フォート六和工場内に部品のJIT配達物流サービスを提供しております。

2009年に入ってから積極的に海外拠点を発展し、タイでは「AUTOCONSOL (THAILAND) CO., LTD.」という子会社を成立、またインドの「TONGLIT AUTOGISTIC PVT LTD.」、タイの「TONGLIT AUTOGISTIC THAILAND CO., LTD.」並びに中国の「海峽(福建)汽車物流有限会社」の三社で2014年に合資会社-「重慶長安民生東立包裝科技有限会社」を創立致しました。

当社は地理位置の優位性で積極的に海/空複合輸送を発展し、また自由貿易港区域の税金優勢を利用サービス範囲を拡大することで自動車産業と物流業によい影響を与えます。これからも政府の政策と合わせて自動車メーカーとサプライヤーをリンクさせ、区域ロジスティクスと配達センターになれるように最善を尽くし、商機を開拓していく所存です。